top of page

娘とアンサンブル

更新日:2022年9月6日

私は子どもが3人いて、末っ子の次女に4歳からヴァイオリンを

教えていますが、真ん中の娘も、中2の時に学校でオーケストラを

聴いた後、急に「私もやる!」と言い出し、次女を猛追して、

もうすぐ追いつこうとしています。


次女も、4歳からやっているといっても、

元々音楽家にするつもりはなく、彼女のペースでゆっくり

続けているのですが、この夏、私の高校時代の親友のお友達が

主催する講習会に、次女だけ参加することになり、

課題の一つとして、今、ヴィヴァルディの2つのヴァイオリンの

ための協奏曲第1楽章を練習しています。


以前、鈴木の教本4巻にある、バッハのドッペルコンチェルトを

一緒に弾いたことがあったので、この曲ももう弾けるだろうとは

思っていたのですが、機会がなく来てしまったので、

今回お友達のお子さんと一緒に弾けることになり、

とても嬉しく思っています。


譜読みがやっと昨日終わり、私が第1ヴァイオリンを担当して、

一緒にアンサンブルしたのですが、娘と弾けることがただただ

嬉しく、やっとここまで(譜読みの仕方を含めて(T_T))来れたかぁ~

と娘の成長も嬉しく思いました。


二人とも、できれば大人になっても趣味として楽しんでほしいなぁと

願うばかりです。


閲覧数:106回0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスンのご感想をいただきました♪

先日、単発レッスンを受けてくださったお子様のお母様からご感想をいただきました。 「先日はご指導をありがとうございました。 娘は、レッスンを受けて 学びが多くとても充実した時間で嬉しかった、と 笑顔で私に話してくれました。 レッスン後に弾いていた音色が良くなって、 私の心に響き、思わず拍手をしてしまいました。 (廊下でコソッと聞いていました) 」(お母様より) もうかなり曲の進んだお子様で、難曲をレ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page