top of page

昔、言われたことで…

昔、エリザベート王妃国際コンクールに参加した後のレセプションか何かで、そこに居たベルギー人の方から、「東洋の演奏家が多く入賞するけれど、なぜ日本人の貴女が西洋の音楽を演奏するのですか?」と聞かれたことがありました。


その時は、自分でも「なぜヴァイオリンをやっているのか?」「日本のことを良く知らないのに、外国の楽器であるヴァイオリンを、さも良く知っているかのように弾いているのは何故なんだろう?」と葛藤があった時期だったので、上手く答えられなかったのを覚えています。


また、海外では、日本のことを聞かれる機会が多くありましたが、日本独自の文化や伝統について、ほとんど説明できないことに愕然としたりもしました。

自国のことをよく知らないのに、どうして西洋の音楽を学んでいるのだろう?と…


でも、今は「クラシック音楽やヴァイオリンが好きだから弾いています。あなた方の国やヨーロッパで発展したクラシック音楽は、こんなに世界で広まっていて、本当に素晴らしいですね。」と自信を持って言えます。


好きなら、理屈はいらない。こんな簡単なことなのに、当時はその意識は全くありませんでした。気づいたら、ヴァイオリンを弾いていて、あれよあれよという間に、音楽の道に進んでいた。好きかどうかなんて、考えたことがありませんでした。私が精神的に幼かったのだと思いますが…


一旦離れて、音楽やヴァイオリンの素晴らしさを再認識でき、今ではヴァイオリンを弾くことに迷いはありません。


人間は、生きているだけで必ず何かを傷つけている存在だと思いますが、音楽や美術を含む芸術は、人間の生み出した最高に素晴らしいものだと感じています。


そんな素晴らしいものに携われることへの幸せに感謝しながら、これからもめげずに頑張りたいと思う今日この頃です。

閲覧数:159回0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスンのご感想をいただきました♪

先日、単発レッスンを受けてくださったお子様のお母様からご感想をいただきました。 「先日はご指導をありがとうございました。 娘は、レッスンを受けて 学びが多くとても充実した時間で嬉しかった、と 笑顔で私に話してくれました。 レッスン後に弾いていた音色が良くなって、 私の心に響き、思わず拍手をしてしまいました。 (廊下でコソッと聞いていました) 」(お母様より) もうかなり曲の進んだお子様で、難曲をレ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page