top of page

発表会&講師演奏終わりました。

おかげさまで、8月18日に、発表会&講師演奏を無事終えることが

できました。


アマチュアで楽器を楽しんでいる私の妹弟と、ピアノを習っている

甥っ子くんにもお手伝いいただき、ヴァイオリンのソロや合奏だけ

でなく、弦楽三重奏やピアノ・ソロもありと、盛り沢山な内容に

なりました。


大人の生徒さんにとって、初めての発表の場になり、私もドキドキ

しましたが、それぞれの方が存分に普段の練習の成果を

発揮されていて、とても嬉しく思いました。

お子さんとデュオをされた方が、お互いを思いやりながら

弾いている姿や、日頃とても熱心に練習されている方の

真摯な演奏に、胸が熱くなりました。

これからも、ヴァイオリンを楽しんでいただけるよう、

私も頑張りたいな、と元気をいただけました。


生徒さんの演奏の後、私の妹弟と弦楽三重奏を演奏しましたが、

それぞれ、東京、愛知、奈良に住んでいるため、

三人で直接合わせられたのは、当日の朝のみでした。

(動画や、二人ずつでは合わせていました)

ヴァイオリン2台とチェロという珍しい編成でしたが、作曲家の

山口景子さんの素敵なアレンジがあり、その一部(情熱大陸)を

YouTubeにアップしましたので、ご笑覧いただけましたら嬉しいです。


また、講師演奏では、中学1年生の甥っ子くんと、1曲だけ、

有名なタイスの瞑想曲を演奏しました。

まだ指がぺしゃんこになっていた習いたての頃から見ていたので、

一緒に弾けるようになったなんて、感無量でした。

とても綺麗な音を持っている子なので、これからも、

色々一緒に弾けたらな、と勝手に望んでいます。


そして、他の曲は、岩下真麻さんという、私と同じ高校、大学の

19年も後輩の優秀なピアニストの方が、一緒に演奏してください

ました。

お人柄そのものの、とても優しくて美しい音と、豊かな表現力と

ともに寄り添ってくださり、楽しく演奏することができました。

また、岩下さんを紹介してくださったのは、高校、大学で

岩下さんの1年後輩で、弟のオンラインでのチェロの先生である、

成田七海さんでした。(成田先生のお陰で、弟の音程や表現技術

はかなり進歩しました!有難いことです…)

こんな風に、私よりかなり年下の後輩の方と繋がれたこと、

このご縁に本当に感謝しています。


お二人とも、演奏活動・指導をされていますので、HPをご紹介します♪

岩下 真麻 先生(ピアノ):https://maasaiwashita.com/

成田 七海 先生(チェロ):https://www.nanaminarita.com/



講師演奏そのものは、私は後で録画を見て、全曲、正直落胆して

しまいました。

特に、愛の喜びとツィガーヌは、いつかリベンジしたいと思い、

YouTubeにアップしませんでした(というか、できませんでした…)。

ただ一つもアップしないのも、岩下さんは素晴らしかったのに

申し訳ないので、その2曲以外はアップしています。

また岩下さんとは、後日、別の曲をアップするつもりです。


若い時から、その時の心持ちが演奏の出来に影響し、何とかしたいと

思い続けていましたが、気を付けているつもりでも、なかなか難しいと

実感しています。人生修行のようだなと思います。

ただ昔は、それを「なくしたい」と思っていましたが、今は、

それも受け入れて、その上でこれからもっと良くなるように努力しよう

と、前向きにとらえられるようになったのが、以前との違いかも

しれません。


こんな風に、私自身では色々反省点の多かった会でしたが、生徒さんの

頑張りやご家族のサポート、岩下先生、成田先生、身内の協力が

あってこそ実現できたと、また講師演奏にお越しくださった方も

いらして、ただただ感謝でいっぱいでした。


また、生徒さんのために発表会を開けるよう、レッスンを頑張りたいな

と思った一日でした。


閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

昔、エリザベート王妃国際コンクールに参加した後のレセプションか何かで、そこに居たベルギー人の方から、「東洋の演奏家が多く入賞するけれど、なぜ日本人の貴女が西洋の音楽を演奏するのですか?」と聞かれたことがありました。 その時は、自分でも「なぜヴァイオリンをやっているのか?」「日本のことを良く知らないのに、外国の楽器であるヴァイオリンを、さも良く知っているかのように弾いているのは何故なんだろう?」と葛

1月に、嬉しいメールをいただいたのですが、何度返信しても戻ってきてしまいました。 とても温かいメッセージだったので、是非お礼をお伝えしたいと思いながら、どうしたら良いか分からず日が過ぎていました。 先日、他の方法を思いつき再度送ってみたら、送信はできましたが、もう1か月経ってしまって、お読みになられたかも分からないので、こちらにもお礼を載せようと思い立ちました(こちらも見ていただけないかもしれませ

ヴィエニヤフスキ国際コンクールでは、大学で日本語を勉強している ボランティアの学生さん達が通訳をしてくださり、 とても有り難かったのを覚えています。 またコンクール中、私がリハーサルや練習をしている時に、 母を観光に連れていってくれたりもしました。 まだポーランドが民主化して間もない時期で、 「食事は草履みたいなステーキと、サワーキャベツばかり 出てくるから、日本食を持っていくといいよ」 と先

記事: Blog2_Post
bottom of page