top of page

私の音楽歴(2)


日本に帰国後は、やはりフロリダの田舎のようにはいかず、

中学3年生の時や、芸大附属高校1年生になって受けた

全日本学生音楽コンクールでも、予選は通りましたが

入賞はできず、そもそも芸大附属高校に合格できたことも、

驚かれたほどでした。

芸高では、当時同級生のヴァイオリン科の学生の中で、

実技は下から数えた方がいいくらいだったと思います。


でも当時は、ただただ上手になりたい一心でした。

レベルの高い同級生や先輩、後輩に刺激を受け、

素晴らしい先生方から、曲をどう仕上げていくか、

細かく教えていただき、その教えを練習で自分なりに

消化していくことで、表現技術を覚えていきました。

そして高校2年生の時、日本音楽コンクールで入選できた時は、

自分でもびっくりしました。

前年には、学生音楽コンクールで入賞もできなかったのに…


翌年には、日本国際音楽コンクールに挑戦しましたが

玉砕でした。この頃から、自分の演奏の出来のムラが大きすぎる

ことに、悩み始めます。

なぜ、いつも良い演奏ができないのだろうと。


閲覧数:155回0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスンのご感想をいただきました♪

先日、単発レッスンを受けてくださったお子様のお母様からご感想をいただきました。 「先日はご指導をありがとうございました。 娘は、レッスンを受けて 学びが多くとても充実した時間で嬉しかった、と 笑顔で私に話してくれました。 レッスン後に弾いていた音色が良くなって、 私の心に響き、思わず拍手をしてしまいました。 (廊下でコソッと聞いていました) 」(お母様より) もうかなり曲の進んだお子様で、難曲をレ

Comments


記事: Blog2_Post
bottom of page