top of page

娘の講習会参加

更新日:2022年9月23日


発表会の翌日から2日間、私の高校時代の友人の友人である、

シャルヴァ青木奈緒子先生と、ピアノの佐藤麻以子先生が

指導されている講習会に、下の娘が参加しました。


私の高校時代の友人は、フランスのオーケストラで長年演奏していて、

とてもパワフルで素敵な女性(私とは正反対です(^_^;))なのですが、

偶然、娘と同じ年の娘さんがいて、夏休みに帰国した時に、

うちの娘も講習会に誘ってくれたのです。


講習会は3日間あったのですが、娘は初日は出られず、

2日間の参加になりました。

合奏の曲は、あらかじめ楽譜をもらって譜読みしておいて、

講習会で合わせをしました。

合奏曲は、ディズニーの「小さな世界」、マスカーニ:カヴァレリア・

ルスティカーナより間奏曲、J.シュトラウス二世:美しき青きドナウ

(抜粋・青木先生編曲)の3曲を演奏しました。


ヴァイオリンを触るのが初めてのお子さんや、数年目など、

色々なお子さんがいるので、青木先生が、それぞれのレベルに応じて

アレンジを考えてくださり、皆で合奏したり、青木先生の計らいで、

友人の娘さんと、ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲

イ短調より第1楽章のソロヴァイオリンを、二人で演奏したりしました。


発表会と講習会が続いていたので、趣味でちょこっと弾いているだけの

娘には練習が大変でしたが、何とかやり切り、自信になったようでし

た。

また、合わせの合間には、皆でかくれんぼをしたりして、楽しかった

ようです。


元々、私の友人が、娘さんに楽しい思い出を作ってあげたいと、

青木先生に声をかけ、青木先生が長年のお友達である

ピアノの佐藤先生に声をかけて、昨年始まったそうです。


人見知りで、普段あまりアンサンブルの機会がない娘は、

行くまでは不安がっていましたが、友人と娘さんのお心遣いのおかげで、

皆の輪にすぐ入ることができたのが、とてもありがたかったです。


講習会の最終日には、ソロと合奏の発表会がありました。

ヴィヴァルディでは、先生方と保護者達、そのお子さんが弦楽伴奏を

し、私にとっては感動の思い出になりました(T_T)


場所は、板橋区の地区集会所で、気取らない雰囲気ですので、

もし、来年の参加に興味を持ってくださる方がいらっしゃいましたら、

是非お問い合わせいただければ嬉しいです。


シャルヴァ青木奈緒子先生HP



閲覧数:206回0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスンのご感想をいただきました♪

先日、単発レッスンを受けてくださったお子様のお母様からご感想をいただきました。 「先日はご指導をありがとうございました。 娘は、レッスンを受けて 学びが多くとても充実した時間で嬉しかった、と 笑顔で私に話してくれました。 レッスン後に弾いていた音色が良くなって、 私の心に響き、思わず拍手をしてしまいました。 (廊下でコソッと聞いていました) 」(お母様より) もうかなり曲の進んだお子様で、難曲をレ

댓글


記事: Blog2_Post
bottom of page