top of page

速いパッセージで…


先日弾いたラヴェルのツィガーヌで、若い頃は何でもなかったのですが、

年齢のせいか、弾かなかった時期が長かったせいか、指がもつれて

心配な箇所が一か所だけありました。


どうにかならないかと思って、ふとハヴァシュ式アプローチの本

「あがりを克服する」を開いたら、速いパッセージを数個ずつに

分けて、初めにドレミで高速で言い、その後同じように弾く、

石川先生のブログレッスンでも見たことのあった練習方法が載っていて、

試してみました。これを試すのは初めてでした。


すると、前より指がもつれずスムーズに弾けるようになり、

もつれたらどうしよう、という心配がなくなったので、

とてもびっくりし、また不思議な気持ちでした。

ドレミで速く言うのは苦手だったのですが、脳トレにもなるし(笑)、

ちょっと頑張ってみようかなと思いました。


もし、どうやって練習するのか、ご興味を持ってくださった方は、

石川先生のブログレッスンをご受講されるか、「あがりを克服する」

p.106~107を是非お読みになってみてください。



閲覧数:70回0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスンのご感想をいただきました♪

先日、単発レッスンを受けてくださったお子様のお母様からご感想をいただきました。 「先日はご指導をありがとうございました。 娘は、レッスンを受けて 学びが多くとても充実した時間で嬉しかった、と 笑顔で私に話してくれました。 レッスン後に弾いていた音色が良くなって、 私の心に響き、思わず拍手をしてしまいました。 (廊下でコソッと聞いていました) 」(お母様より) もうかなり曲の進んだお子様で、難曲をレ

Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page